胸板を盛り上げる、大胸筋を引き締める、形の整った胸にする、そんな方法を動画で学習、胸筋トレーニング実践サイト

胸筋鍛え方トレーニング > チェストフライで胸の脂肪を落とす、筋肉を付ける

チェストフライで胸の脂肪を落とす、筋肉を付ける チェストフライで胸の脂肪を落とす、筋肉を付ける

チェストフライで胸の筋肉を鍛えます。

胸の脂肪を落としたい人、胸をたくましくしたい人、胸の垂れを防止したい人にオススメのエクササイズです。

【方法】
1.フラットベンチに仰向けに寝てダンベルを両手に持ち、腕を開きます。
2.ゆっくりダンベルを持ち上げ、ダンベルとダンベルが付くくらいまで腕を閉じます。
3.ゆっくりと下ろします。

腕の筋肉は、あくまで補助です。胸の筋肉の収縮を意識してトレーニングしてみましょう。

ダンベルは、体力や目的に合わせ500g以上のダンベルを用意してください。
ダンベルがない場合は、500mlか1リットルのペットボトルに水を入れてダンベル代わりに利用してもOKです。

筋トレ初心者の人は、10回×3セット(10回⇒1分間休憩⇒10回⇒1分間休憩⇒10回)から始めてみてください。

フォームが整い、トレーニングに慣れてきたら、目的に応じて下記のように負荷と回数を調節して下さい。

【胸の脂肪を落としたい人、胸の垂れを防止したい人】
◆ダンベルの重さ : 1kg~2kg
◆回数 : 15回×3セット
◆セット間の休憩 : 30秒
◆頻度 : 1日置き(1度トレーニングしたら1日間休み、再びトレーニング)

【腕をたくましくしたい人】
◆ダンベルの重さ : 3kg以上
◆回数 : 12回×3セット
(1セットにつき12回がギリギリできる重さで行って下さい)
◆セット間の休憩 : 30秒
◆頻度 : 2日置き(1度トレーニングしたら2日間休み、再びトレーニング)

【ポイント!】
・ 胸の筋肉が使われているかしっかり意識してトレーニングしましょう。
・ 元の姿勢に戻るときも手を抜かず、胸を意識してゆっくり戻りましょう。

それでは、トレーニングスタート!

■胸筋・大胸筋トレーニング一覧