胸板を盛り上げる、大胸筋を引き締める、形の整った胸にする、そんな方法を動画で学習、胸筋トレーニング実践サイト

胸筋鍛え方トレーニング > 腕立て伏せ(プッシュアップ)で胸の筋肉を鍛える

腕立て伏せ(プッシュアップ)で胸の筋肉を鍛える 腕立て伏せ(プッシュアップ)で胸の筋肉を鍛える

胸の筋肉を鍛える腕立て伏せ(プッシュアップ)。
胸の脂肪を落としたい人、胸をたくましくしたい人、胸の垂れを防止したい人にオススメのエクササイズです。

<胸を鍛える腕立て伏せの方法>
1.脚を伸ばし、肩幅より広めに腕を開いて床に手をつきます。(正面から見た場合、腕は逆Vの字になっているのが理想)
2.その体勢からひじを曲げながら、あごが床に着くくらいまでゆっくりとカラダを下ろす。
3.ゆっくりと元の姿勢に戻ります。

筋トレ初心者の人は、10回×3セット(10回⇒1分間休憩⇒10回⇒1分間休憩⇒10回)から始めてみてください。

フォームが整い、トレーニングに慣れてきたら、目的に応じて下記のように負荷と回数を調節して下さい。

【胸の脂肪を落としたい人、胸の垂れを防止したい人】
◆回数 : 15回×3セット
◆セット間の休憩 : 30秒

【腕をたくましくしたい人】
◆回数 : 限界回数×3セット
(1セットでもうこれ以上はダメとあきらめたくなるくらいの回数。2セット目、3セット目には1セット目よりも回数が減りますが、それでOKです。)
◆セット間の休憩 : 30秒

【ポイント!】
・ 胸の筋肉が使われているかしっかり意識してトレーニングしましょう。
・ 頭からかかとまでを一直線にし、カラダを下ろしたときは、あごが床に着くくらいまで下ろしましょう。
・ 元の姿勢に戻るときも手を抜かない。胸を意識してゆっくり戻りましょう。

それでは、トレーニングスタート!

■胸筋・大胸筋トレーニング一覧