胸板を盛り上げる、大胸筋を引き締める、形の整った胸にする、そんな方法を動画で学習、胸筋トレーニング実践サイト

胸筋鍛え方トレーニング > ‘ハード’ タグのついている投稿

‘ハード’ タグのついている投稿

5種目・9分間トレーニング/脂肪を燃やしながら大胸筋を引き締める

脂肪を燃やしながら大胸筋を鍛える5種目、9分間サーキットトレーニングです。

各種目を30秒、種目間休憩を15秒で5種類のトレーニングを行い、これを4回(ラウンド)繰り返します。
体力が付いてきて4ラウンドで物足りなくなったら、8回繰り返し、合計18分のサーキットを行うようにします。

脂肪を燃焼させながら大胸筋を引き締めたい人、彫のある胸を作りたい人におすすめの筋トレメニューとなっています。
体幹を使うトレーニングもミックスされているため、お腹周りの引き締めにも有効です。

非常にきついトレーニングですが、続けることで洗練された体をつくることができます。
4ラウンドでも続けることが困難な場合は、慣れるまでは2ラウンドなどラウンドを少なくして行ってもOKです。

また、サーキットトレーニングを行う場合は、正しい時間・間隔でトレーニングを行えるようタイマーを用意しておくようにしましょう。
動画内で使っているタイマーは、こちらです。

動画の最初は各種目の説明等があり、実際のトレーニングは4分17秒あたりから始まります。

5種類の腕立て伏せで胸の筋肉を鍛える方法

5種類の腕立て伏せ(プッシュアップ)で大胸筋を鍛えるトレーニング方法です。

各種目を30秒、種目間休憩を30秒で5種目の腕立て伏せを行います。
胸を盛り上げたい人、たくましくしたい人、引き締めたい人、大胸筋を割りたい人(=左右の大胸筋との間に溝を作る)におすすめの筋トレメニューとなっています。

1種目め~2種目あたりまでは何とかできる人が多いかとは思いますが、3種目めからは疲労の蓄積と相まって非常にきついトレーニングとなります。

そのため、限界がきたら休み休みでも大丈夫です。ただ、そのまま休みっぱなしにならず、少し休んだら(2~5秒程度)再度動作するようにして下さい。休み休みでも30秒の間1回でも多く動作することが大切です。

このようにトレーニングを繰り返していく過程で、潰れる頻度や潰れるまでの時間が伸びてくると思います。
その結果、胸の筋肉の成長に繋がることとなります。

胸の筋肉を鍛える6種目連続トレーニング

腕立て伏せなど、6種目のトレーニングで胸(大胸筋)の筋肉を鍛えます。
胸をたくましくしたい人、胸の形をよくしたい人、胸に筋肉を付けたい人にオススメのトレーニングです。

各セット、各種目10秒の休憩を入れながら、ほぼ連続でトレーニングを行います。
非常にハードなトレーニングなので、まずはできる範囲で実践してみ下さい。

筋トレ初心者の人は、10回×1セット/1分休憩(1種目め/10回⇒1分間休憩⇒2種目め⇒1分間休憩⇒3種目め/10回・・・)から始めてみるといいでしょう。