「胸筋トレーニング一覧」の記事一覧 | 胸筋鍛え方トレーニング

「胸筋トレーニング一覧」の記事一覧

5種目・9分間トレーニング/脂肪を燃やしながら大胸筋を引き締める

脂肪を燃やしながら大胸筋を鍛える5種目、9分間サーキットトレーニングです。

各種目を30秒、種目間休憩を15秒で5種類のトレーニングを行い、これを4回(ラウンド)繰り返します。
体力が付いてきて4ラウンドで物足りなくなったら、8回繰り返し、合計18分のサーキットを行うようにします。

脂肪を燃焼

5種類の腕立て伏せで胸の筋肉を鍛える方法

5種類の腕立て伏せ(プッシュアップ)で大胸筋を鍛えるトレーニング方法です。

各種目を30秒、種目間休憩を30秒で5種目の腕立て伏せを行います。
胸を盛り上げたい人、たくましくしたい人、引き締めたい人、大胸筋を割りたい人(=左右の大胸筋との間に溝を作る)におすすめの筋トレメニューとなっています。

胸を鍛える腕立て伏せ。基本姿勢と実践

胸の筋肉を鍛える腕立て伏せ(プッシュアップ)。

詳しい解説付きなので腕立て伏せがまったく初めてという人でも正確な腕立て伏せが実践できます。

胸の脂肪を落としたい人、胸をたくましくしたい人、胸の垂れを防止したい人にオススメのエクササイズです。

【基本姿勢】
1.うつぶせに寝た状態から、

チューブで大胸筋を鍛える、美しくする「チェストプレス」

胸の引き締め、胸の筋肉アップ、胸の垂れ防止、胸の形を整えるトレーニング「チェストプレス」。

今回は、チューブ(バンド)を使って行う「チェストプレス」の方法を解説します。

【基本姿勢】
1.フラットベンチの下にチューブを回して固定します。
2.チューブが背中にくるように(みぞおちの延長線あたり)フラットベンチに仰向けになります。

美バストへの第一歩 「ひざ立て腕立て伏せ」

胸の筋肉を引き締めるひざ立て腕立て伏せ(プッシュアップ オン ニー)。
ひざ立て腕立て伏せは、ノーマルな腕立て伏せに比べ、負荷か少ないので女性の方でも無理なく実践することができます。
胸の形をよくしたい人、胸の垂れを防止・改善したい人にオススメのトレーニングです。

クラッピング・プッシュアップで胸の筋肉を鍛える

胸の筋肉を引き締めるクラッピング・プッシュアップ。
クラッピングとは手をたたくという意味で、手をたたきながら腕立て伏せをするトレーニングが、クラッピング・プッシュアップです。

胸を引き締めたい人、胸の筋肉を鍛えたい人にオススメのトレーニングです。

【手順】
1.脚を伸ばし、肩幅より広めに腕を開いて床に手をつきます。

チューブで胸を鍛える方法「チェストプレス」

チューブ(バンド)を使い、胸の上部を鍛えるチェストプレス・トレーニングです。

胸を引き締めたい人、胸の筋肉を鍛えたい人、胸の垂れを防止・改善したい人にオススメのトレーニングです。

【手順】
1.立った状態で若干ひざを曲げたときに肩の上にくる高さにチューブを固定します。
2.脚を前後に開き、軽くひざを曲げます。
3.チューブ(バンド)を両手に握り、肩の横に向けて腕を開きます。

プルオーバーによる胸筋の鍛え方

胸(大胸筋)の筋肉を鍛えるプルオーバーのトレーニング方法です。

胸の筋肉を盛り上げたい人、胸を引き締めたい人にオススメのトレーニングです。

【方法】
1.フラットベンチに仰向けに寝て両手でダンベルの端を持ちます。
2.頭の後ろに腕を伸ばし、軽くひじを曲げた状態にします。(伸ばしきった場合、ひじを痛める危険があるので注意して下さい)

ボディーホイールで胸の筋肉を鍛え、引き締める

ボディーホイールを使って胸(大胸筋)の筋肉を鍛えるトレーニングです。
胸を引き締めたい人、胸の形をよくしたい人にオススメのトレーニングです。

ボディーホイールがないとできないトレーニングですが、胸のトレーニングにバリエーションがほしい方のためにご紹介します。

筋トレ初心者の人は、

胸の筋肉を鍛える6種目連続トレーニング

腕立て伏せなど、6種目のトレーニングで胸(大胸筋)の筋肉を鍛えます。
胸をたくましくしたい人、胸の形をよくしたい人、胸に筋肉を付けたい人にオススメのトレーニングです。

各セット、各種目10秒の休憩を入れながら、ほぼ連続でトレーニングを行います。
非常にハードなトレーニングなので、まずはできる範囲で実践してみ下さい。

チェストフライで胸の脂肪を落とす、筋肉を付ける

チェストフライで胸の筋肉を鍛えます。

胸の脂肪を落としたい人、胸をたくましくしたい人、胸の垂れを防止したい人にオススメのエクササイズです。

【方法】
1.フラットベンチに仰向けに寝てダンベルを両手に持ち、腕を開きます。
2.ゆっくりダンベルを持ち上げ、ダンベルとダンベルが付くくらいまで腕を閉じます。
3.ゆっくりと下ろします。

腕の筋肉は、あくまで補助です。胸の筋肉の収縮を

拳立て&ダンベルで大胸筋を厳しく鍛える

拳立て&ダンベルトレーニングで胸の筋肉を盛り上げる方法です。
胸をたくましくしたい人、胸を引き締めたい人にオススメのエクササイズです。

胸を鍛えるトレーニングとして動画内での解説順に、1.拳立て、2.ダンベルフライ、3.ダンベルプレスの3種類の方法を紹介しています。

ダンベルフライとダンベルプレスでは

腕立て伏せ(プッシュアップ)で胸の筋肉を鍛える

胸の筋肉を鍛える腕立て伏せ(プッシュアップ)。
胸の脂肪を落としたい人、胸をたくましくしたい人、胸の垂れを防止したい人にオススメのエクササイズです。

<胸を鍛える腕立て伏せの方法>
1.脚を伸ばし、肩幅より広めに腕を開いて床に手をつきます。(正面から見た場合、腕は逆Vの字になっているのが理想)

胸を引き締める、胸を美しくするチェストプレスの方法

胸の筋肉を鍛えるチェストプレスの方法です。
胸を引き締めたい、胸の形を整えたい人にオススメのトレーニングです。

ダンベルを使いますので、体力に合わせ500g~5kg程度のダンベルを用意してください。
ダンベルがない場合は、二の腕の引き締めを目指す場合に限り、500mlのペットボトルに



このページの先頭へ